教育ローン審査基準ゆるいの?

『日本学生支援機構』専門学校の場合ですと、専修学校の専門課程へ進学する人だけを対象になります。
自分の志望校が奨学金の対象となっているかどうか!? 例えば日本学生支援機構の場合ですと、大学、短期大学については、奨学金の対象になります。
しかし、大学と短期大学の通信教育部、別科は対象外です。
※放送大学も対象外になっています。
※専修学校の専門課程は奨学金の対象となっています。
※各種専門学校、無認可校は対象外です。
次に奨学金の支給時期にも注意しなければいけませんよ。
大きな落とし穴があります。
それは、支給開始時期ですね。
予約採用の場合も在学採用の場合でも、実際に奨学金が支給開始となるのは進学したあとの5月以降からと言うことです。
言い換えると、つまり合格したときに直ぐに支払う必要がある入学金、前期授業料などを奨学金で支払うことは出来ないと言うことです。
※大抵の学校では、合格発表後2週間から3週間以内に入学金などを支払うように案内しています。
こうなった場合、教育ローンが有効な手段となります。

教育ローン審査基準ゆるいか厳しいかはどうかはわかりませんが、学校のパンフレット、インターネット上のホームページなどは、定期的にチェックしましょう。

学校独自の奨学金制度についての案内とか、減免制度、学費の分納制度など様々な制度があります。
最新情報をゲットするのには、こまめに志望校の情報をチェックする必要があります。それに教育ローン審査基準のゆるいところを探してみて自分に合った教育ローンをみつけるのもいいですね!

そして見落とさないように注意してくださいね。
(笑顔)

教育ローン審査甘い?基準通らない理由!【低金利おすすめは?】