住宅ローンの金利が安いなら借り換えしていい?

住宅ローンの場合は、住宅を建てるための融資なので金額も大きいのはもちろんその返済期間もかなり長いです。
大体10年から35年くらいまでの、商品を提供する金融機関が多いです。

したがって、金利が高い時に融資を受けると安い時との金利差に、愕然としてしまうこともあります。
このことにより、新しく住宅ローンを借換える人も、珍しくはないのです。
確かに、返済するほうとしては、10万円でも借金が減少するのはお得感があります。
しかし、この借り換えの手続きをする前に、良く検討してみる必要があるのです。
それは、金利差が1%以上で住宅ローンの返済期間が10年以上残っているのかどうか、残金が1000万円以上かどうかといった点が重要になってきます。
借り換えを行うには、諸手続きとそれに必要な諸費用がかかるのです。
元金自体が、減るわけではないので支払うべき利息の減少があることを失念してはいけないのです。
この諸費用と支払い利息の減少の差をしっかりと、把握することこそが現実的な利益につながるのです。