青汁の効果は何があるの?

青汁といえば健康食品として皆様に知られていると思います。しかし、健康食品といってもどのような効果があるかなかなかわからないですよね。そこで、どのような効果があるのかを伝えしていきたいと思います。青汁といっても、原料はたくさんの種類が使われており、青汁製品は数多くあるため効果も製品によってさまざまなため一般的な効果を挙げたいと思います。青汁は緑黄色野菜などが、主な原料で食物繊維が豊富に含まれています。そのため、便秘の解消に効果が大変あると言われています。女性は便秘になりやすく、便秘が原因で、肌荒れやニキビの原因となると言われています。食物繊維は、消化されにくいため便の量が増えます。また、保水性があることから硬い便が正常な柔らかさになります。便がスムーズに通過することから便秘が解消されるのです。他には、血液をサラサラにする効果があります。血液がドロドロになると高血圧や動脈硬化、心筋梗塞などの生活習慣病を引き起こす原因となるため、血液をサラサラにすることは大切です。また、花粉症予防やアトピーの改善、がん予防、アンチエイジング効果、美肌効果など多くが青汁の効果に期待されています。上記のような効果がありますが、1日飲んだから効果が出るということはありません。効果が現れるのに、早い人で1?2週間で効果が実感できることもありますが、短くても3ヶ月は飲み続けて効果を実感してほしいと思います。なぜなら、人の血液は120日間で生まれ変わると言われているため、約3ヶ月は飲み続けてみてください。