フラット35の審査を受けるには?

長期間の固定金利で住宅ローンを利用することができるフラット35。
もともと住宅金融支援機構と民間の金融機関の協力によって成り立っているこのフラット35。
たとえば「フラット35パッケージ」ではフラット35と「固定金利期間選択型」「変動金利型」の住宅ローンを一体にして利用できるものです。

つまり、両者のメリットを組み合わせることによってより有利な形で住宅ローンを利用することができるのです。
万一、フラット35を利用した後に金利が下がった場合でも契約当初の金利で返済し続けなければならない点が大きなマイナス点と言われていますが、このパッケージでは将来の金利変動に対応することで、より低金利での返済が可能となるのです。
もうひとつ、住宅金融支援機構が提供している「機構財形住宅融資」と組み合わせて利用することも可能です。
この機構財形融資とは5年間の固定金利で融資を受けられる金融商品のことで、こちらでもフラット35を契約した後に金利が下がった場合に対応できる点に大きなメリットを持っています。
フラット35の融資額は8000万円までとなっていますが、それに機構財形住宅融資の4000万円を加えることができるのです。
なお、機構財形住宅融資では借入れ時の融資手数料が必要ないため、諸経費を少なく利用することができる点もメリットとして挙げられるでしょう。
審査の際にもとくに大きなハードルはなく、フラット35の審査をクリアできる人なら利用しやすい状況となっています。